仕事をしながらオーストラリアを感じられるワーキングホリデー

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界におけるグローバル化はますます進んでおり、様々な文化や製品、ファッションやなどが国境を越えて輸出入されています。インターネットの普及により世界中の情報が簡単に集められる時代になり、人々の外国への関心は高まっているのです。
このような時代背景の中で様々な目的を持って海外へ留学することを考えている人は少なくありません。学生の時に実施する語学留学や短期留学、学校に入学する方法ではなく、現地で仕事をしながら生活費を補いその国で休暇を過ごすための制度を利用できるワーキングホリデーなど様々な方法があるのです。この方法はアルバイトをして滞在中の経済的な負担を軽減する事が出来、勉強を行いながら現地での生活を体験したり旅行する事も出来ます。受け入れる国のビザを取得できて条件を満たせば1年以上現地で滞在することも可能な場合もあるのです。

留学先として人気があるその理由とは?

日本からも海外留学先として様々な国が選ばれていますが、その中でもオーストラリアは人気の高い留学先の一つになります。人々を惹き付ける部分にはどのような理由があるのでしょうか。
オーストラリアは世界の中でも住みやすい国として知られています。初めてこの国を訪れて文化や人々に慣れていない人にとっても安心して訪れることが出来る国なのです。広大な面積のこの国では、日本では体感することの出来ない雄大な自然環境や珍しい動物達が生息している事も大きな魅力の一つです。広い国内には様々な自然を楽しむ事が出来る観光スポットや、アウトドアレジャーなどが数多く存在しているのです。
また、この国では世界中から多くの移民を受け入れている事でも知られています。この国で生活している人には、海外から訪れる数多くの人にも非常にフレンドリーで留学生を暖かく迎え入れてくれる気質があります。誰に対しても親切に接してくれる人々なのです。さらには、この国ではアルバイトの最低賃金が日本の約2倍であり、アルバイトをしながらの滞在を考えている人にとっても恵まれた環境なのです。

ビザ取得の条件と申請時のサポートを考えた時には

オーストラリアにワーキングホリデーを活用して滞在したいと考えている場合には、ビザ申請に通る必要があります。同一雇用主で6花月以内までで有り、雇用主を6ヶ月に1度変更すれば、1年間は働き続ける事も出来ます。この制度を利用する最大の魅力としては、英語だけでなく様々な事を学べる点にあります。長期滞在中にこの国を旅行して現地の人々や自然と触れ合う機会は、様々な発見や感動を生み出してくれるのです。
ビザ申請書が受理された時点での条件としては、年齢が18歳以上30歳以下であり、かつ親権の有無に関係なく子供がいないことが前提になります。さらには、日本のパスポートを所持していること、この国での滞在の主目的が休暇を過ごすものであることなど様々な条件があります。
ワーキングホリデーは、一般的な短期旅行とは違う状況であるために、安心して出発するためには事前の十分な準備が必要になり、初めてで不安を抱えている人も少なくありません。これらの人に様々なサポートを行ってくれる専門エージェントがあり、出発前の準備から現地サポートまで安心して相談できるのです。