オーストラリアでワーキングホリデー

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際化が益々進む時代において私たちがこの社会で生きていくには、何事もグローバルな視野を持って見ていく必要があります。世界で起こっていることに興味を持ち、それを自分の生活にまで落とし込んでいくには、日々の勉強や経験が大切になってきます。
国際人の第一歩として、英語を習得することも大切です。小学校から英語教育が始まり、国を挙げての英語教育も盛んになってきてはいますが、やはり実際に海外で生活をしてみるという経験は、自分をひとまわり大きい人間にしてくれることでしょう。海外留学にはいくつかの方法がありますが、中でもおすすめはワーキングホリデーです。この制度は、世界中の若者に異文化交流する機会を提供し続けています。若者の特権とも言える、この制度を使わない手はないでしょう。

ワーキングホリデーに関する基礎知識

この制度を利用する若者は滞在国でのアルバイトが許されています。異国で生活を営みながら生活費を稼ぐことで、普通の留学よりも滞在費を安く抑えることができます。また、実際に働いてみることで学べることも多いでしょう。
滞在期間は一年間で、その間自由に行動することができます。現地の語学学校で英語力を鍛えるも良し、観光名所をめぐるのも良しです。仕事と観光、異文化交流をすべて叶えることが可能なので、私たちの海外生活を充実したものにしてくれることは間違いありません。
現在、日本人がこの制度で訪れることのできる国は英語圏に限らず12カ国あります。滞在先によって様々な違った経験ができることから、国を選択するのも楽しみのひとつですが、国によって、滞在費なども違ってくるので、きちんとした下調べも重要になってきます。

滞在先にはオーストラリアがおすすめ

滞在先にオーストラリアが人気な理由はいくつか考えられますが、比較的治安が良く、気候も温暖で生活しやすいというのが一番の理由でしょう。人々を魅了してやまない大自然が広がっており、観光名所も数え切れません。現地で知り合った仲間と旅行したりするのも良い経験になることでしょう。
また、オーストラリアは多民族国家であるため、現地人にとって外国人との共存は当たり前のこととして受け入れられています。そのため、私たち短期滞在者にも理解のある人が多く、フレンドリーな人が多いです。
教育水準が高く、語学学校も充実しているため、英語の勉強を集中的に行うのにも最適な環境が整っています。その他にも、アルバイトをする人には嬉しいこととして、時給が高めであることも上げられます。